グラウド技術でファイルの共有

私達ビジネスマンは、事務所外でパソコンに保存されているファイルを扱うことがあります。
これまでファイルを取り扱うためには、USBメモリを持参したり、小型のパソコンを持参する必要がありました。

しかしそれでは携帯性がとても低く、セキュリティ対策もかなり甘いです。



最悪の場合個人情報を流出させる恐れもあるため、異なる方法が求められていました。そこで登場したのが、クラウド技術を応用したファイルの共有です。

ネットワーク上でデータの受け渡しを行う技術になりますが、この技術を使うことで、これまでの問題を一気に解決できるようになりました。

例えば、これまでデータの入った媒体を持ち歩く必要がありましたが、その必要はなくなり、クラウド技術を利用するためのパスワードとアカウントが必要になりました。

媒体を持ち歩く必要がなくなったため、紛失する恐れが無くなったのです。

さらに、セキュリティについてですが、こちらも大きな変化がありました。

ネットワーク上で共有を行っているため、アカウントとパスワードが外部に漏れない限りは第三者に知られることはありません。



相当な技術のあるハッキングをされない限りは、データが外部に漏れる心配はなくなったのです。


技術により多くのビジネスマンが、これまで以上に外出先で仕事ができるようになりました。

Youtube関連情報を紹介しています。

今後はこの技術を利用して、さらに複雑なデータを外部で共有することになるでしょう。


クラウド技術はこれからの最先端になります。